優しいリフォーム
優しいリフォーム
ホーム > 健康 > 食生活の改善が糖尿病予防のカギ

食生活の改善が糖尿病予防のカギ

糖尿病は遺伝と関連しているとして知られていますが発症する原因は他にもあります。後天的に今日までの生活習慣が糖尿病のなりやすさを決めるという実例も多くあります。わかりやすく言うと濃い味を好んで食べていると、同じメニューであってもカロリー過剰になりやすい傾向にあります。

このような毎日の食習慣が問題になります。若いころはよく動き、エネルギーの消費も高いためカロリーが高いものをよく食べていても消費することができます。

ですが味や食の好みはいくつになっても変わらないため中年になっても同じような好みでずっと食べ続けていると、肥満と連動して糖尿病を発症することが起こります。

 

糖尿病を食生活で改善するには、1日3食の食事の取り方がとても肝要です。一度に大量に食べ過ぎてしまうと、急激に血糖値があがってしまいます。

 

一般的な日本人の食生活は朝食は少量で夕食をしっかりととる事が多いです。

30分くらい早起きして、時間をかけてしっかりと朝食を食べることが健康への第一歩です。

運動や体を動かすためにはエネルギーを必要としますが、筋肉は血糖を使ってエネルギーに変換します。

ですから運動することは血糖値をさげる役割を果たします。

 

ですが、運動不足の状態では消費エネルギーも使われないので毎度エネルギーが過剰になります。

 

インスリンの分泌が非常に増加し膵臓がオーバーヒートしてしまいます。毎日を活発に過ごすことは糖尿病が予防・改善されるのに役立ちます。

 

 

10分間だけでも運動するようにしましょう。わずか10分という短い時間でも、1日で合計すした場合意外にまとまった時間になるものです。

他にもエスカレーターを使わないで階段を使う、車は最寄りの駐車場より離れた駐車場に停めて、できるだけ徒歩で行くようにするといった工夫も必要です。血糖値 下げる サプリ